会社概要


会社概要

社名
株式会社マルマ
設立
1950年9月
資本金
1,000万円
代表取締役
松井邦夫
本社所在地
〒431-1416 静岡県浜松市北区三ヶ日町釣145
TEL.053-524-0135 FAX.053-524-0131
主要取引銀行
静岡銀行三ヶ日支店、三井住友銀行豊橋支店
主要取引先
卸売市場(中央、地方)、百貨店、スーパーマーケット等
事業内容
農産物集出荷業務、農業資材事業

  • 昭和29年ごろの初代 松井種次郎氏(左端)とそのスタッフ
  • 昭和35年ごろ 輸出みかんの箱づめ作業 イギリス(ロンドン)カナダ(バンクーバー)ドイツ(ハンブルグ)へ1個1個ていねいに紙につつんで

会社沿革

昭和25年
株式会社設立三ケ日地区で青果産地問屋としてスタート。
昭和49年
選果場(2000㎡)増設・光センサー選果機導入。
【総生産処理能力(10トン/1hr)】
昭和53年
選果場(2000㎡)新たに増設。
昭和54年
落差の少ない光選式みかん選果機、PC管理生産者別精算システム導入。
昭和56年
マルマ出荷組合員の技術向上のため栽培技術研究会発足。
昭和58年
農林水産省認可の肥料配合設備新設。
マルマ出荷組合員に対して有機配合肥料供給開始。
昭和61年
選果場(1000㎡)増設。
平成元年
事務センター新築。
平成4年
駐車場として5,500㎡土地取得。総敷地面積12,000㎡。
平成5年
選果場(1000㎡)増設。
平成9年
選果場増設(敷地総面積6000㎡)。
平成10年
カラーグレーダー、光センサー選果機導入。
【総生産処理能力(120トン/1日)】
平成11年
豊橋石巻地区次郎柿の取り扱いを始める。
平成12年
浜松三方原地区男爵、メークイン、北あかりの取り扱い始める。
豊橋石巻地区次郎柿集荷センター稼働。
平成15年
製品置場倉庫完成(1500㎡)。
トラックターミナル、従業員駐車場(4000㎡)を新たに増設。
平成17年
有限会社三ケ日グリーンファームが農業生産法人として活動開始。
農業者独立支援事業開始。産直ネットワーク事業開始。
平成19年
産直ネットワーク事業りんご・里芋開始。
平成21年
光センサーを最新型に更新(処理能力:時間12t/日量最大150t)
平成22年
マルマ選果場にパッケージ場を設ける。
平成24年
みかん・柿の冷蔵試験を開始。
平成25年
グループ会社 アイランドバスケット株式会社活動開始。
平成26年
青果物貯蔵用新型冷蔵庫を導入。
平成27年
農業法人用倉庫250坪と駐車場550坪取得。

企業理念

「絶えず新発想を」という不変の考えを胸に、農業流通分野において積極的な挑戦をしています。

使命

我々は『農業分野発展・農業革命』に取り組み、農業を新しいものにするという使命を持ち活動しております。

環境への取組み

1. マルマみかん出荷組合では、地球環境を配慮した農業活動を目指しております。
2. 折りたたみコンテナ等で流通することにより、地球環境への貢献に取り組んでおります。


グループ会社

(有)三ケ日グリーンファーム(農業生産法人)
《事業内容》栽培技術の研究、直営農場栽培管理、園地管理代行事業

アイランドバスケット
〈グループ会社〉アイランドバスケット全国の野菜果物・加工品の卸

《事業内容》全国の野菜果物・加工品の卸